保健医療ソーシャルワーカー

◆保健医療ソーシャルワーカー

<概要>
高齢者や障害を抱える人に対して、幅広い理解と知識を背景に、相談やアドバイスを行うために必要な知識や技能、考え方が身についていることを証明する資格。医療機関の医療相談所などで、入院患者や家族に対して、保険や治療費の利用方法についての相談、アドバイスを行う。特に、入院費用や生活費に困っている場合の減免制度についての知識を持ち対処する。そのほか、入院患者の家族の問題、患者が抱える人間関係などのトラブル、退院後のケアなど、幅広い問題に対して相談に乗り、解決するためのアドバイスを行う。

<認定機関>
大学・短期大学医療教育協会

<受験資格>
(財団法人)日本病院管理教育協会、大学・短期大学 医療教育協会が指定した大学・短期大学・専門学校にて単位を修得しなければならない。
医療管理秘書士(日本病院管理教育協会認定)の資格取得者であること。

<受験内容>
「保健医療ソーシャルワーカー、全国統一試験」という。
年2回実施

<業務>
・患者や家族に対して、保険や治療費の利用方法についての相談、アドバイス
・入院費用や生活費に困っている場合の減免制度についての相談、アドバイス
・入院患者の家族の問題、患者が抱える人間関係などのトラブル、退院後のケアなど
・その他、入院患者に起こりうる幅広い問題に対して相談に乗り、解決するためのアドバイスを行う。

<職場>
・医療機関
・介護保健施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設
など

<参考>
(財団法人)日本病院管理教育協会 大学・短期大学医療教育部会
ホームページ http://www.jh-mgt.org/

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格