福祉用具専門相談員

■福祉用具専門相談員

<概要>
介護保険法において指定されている福祉用具貸与等事業所(福祉機器のレンタル・販売店等)において、福祉用具の選定の援助、機能等の点検、使用方法の指導等に必要な知識、技能を有する専門相談員の職につく者のこと。またそれら福祉機器についての専門的な知識を持つ資格のことをいう。福祉事業所が、介護保険制度におけるレンタルサービスを行うために必要な資格で、適切な福祉機器の選び方、使い方など、利用者のニーズに合った適切なアドバイスを行わなければならない。

<資格名>
福祉用具専門相談員

<管轄>
厚生労働大臣

<認定機関>
国(厚生労働省)

<福祉用具専門相談員になるための流れ>
厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講する。
講習のみで、試験は行われない。

(講習が免除になる有資格)
・介護福祉士
・義肢装具士
・保健婦
・保健士
・看護婦
・看護士
・准看護婦
・准看護士
・理学療法士
・作業療法士
・社会福祉士
・ホームヘルパー(2級以上) など

<受講資格>
なし

<受講内容>
「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講すること

(講座内容)
・介護に関する基礎知識
・医学の基礎知識
・老人保健福祉制度の概要
・高齢者の心理 山田 登喜子
・介護の技術
・リハビリテーション概要
・介護場面における福祉用具の活用
・福祉用具の活用に関する実習

<業務>
・介護保険給付事業所での相談員
・介護道具の利用者への総合的なアドバイス
・訪問介護の中での、用品使用に対する相談、アドバイス

<職場>
・福祉用具の貸与事業所(レンタルショップ)
・訪問介護
・介護保健施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格