福祉住環境コーディネーター

■福祉住環境コーディネーター

<概要>
身体障害者や高齢者などの日常生活に困難をきたす場合に、住みやすい住環境を提案するアドバイザー。特に住宅建築に関し深い知識が必要で、環境づくりの点で各種の専門家と連携を取りながら適切な住環境プランを作る仕事。さらに、高齢化社会に対応するため公共機関などでもバリアフリーを考えた人にやさしい環境づくりを考える。

<資格名>
福祉住環境コーディネーター

<管轄>
東京商工会議所

<認定機関>
東京商工会議所

<レベル>
・3級
超高齢化社会にそなえ、一般的に生活する国民として、知っておくべき基本的な知識についての理解。高齢者だけでなく、子どもにいたるまでの全世帯を対象に、生活者として、福祉住環境整備の基礎知識を理解していること。

・2級
3級レベルの、一般的知識を実務に生かすための、専門的知識の理解。特に介護、医療、福祉、建築、福祉用具に関する、専門知識の習得と、適用できるレベルの深い理解力。
住環境に関する問題点を考えて、対応策を総合的に検討し提案できるだけの技能力。クライアントのニーズ、経済性、各種福祉制度の理解、建築に関する知識、福祉用具についての知識を得ていること。各種福祉関係専門職と連携できる能力。

・1級
具体的な、建築に関するプランニングができる技術力、安全で快適な街づくりへの参画などの実技力。身の回りのみでなく、社会福祉施設に始まり、街づくりまで視野に入れた住環境整備にかかわる総合的な知識があること。地域において、コーディネーターとしての調整力を持つこと。

<受験資格>
3級、2級 … 必要なし
1級 … 2級取得者のみ

<受験内容>
各級とも年1回 
3級、2級 … 筆記試験(マークシート方式)
1級 … 一次試験 筆記試験(マークシート方式
     二次試験 論述および記述式試験

(出題範囲)
・3級
少子高齢社会と共生社会への道
福祉住環境整備の重要性・必要性
在宅生活の維持とケアサービス
健康と自立
障害者が生活の不自由を克服する道
バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
生活を支えるさまざまな用具
安全・快適な住まいの整備
ライフスタイルの多様化と住まい
安心できる住生活支援
安心して暮らせるまちづくり

・2級
高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
福祉住環境コーディネーターの役割と機能
障害のとらえ方
リハビリテーションと自立支援
高齢者・障害者の心身の特性
在宅介護での自立支援のあり方
高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
障害別にみた福祉住環境整備
福祉住環境整備とケアマネジメント
福祉住環境整備の進め方
福祉住環境整備関連職への理解と連携
相談援助の実践的な進め方
福祉住環境整備の共通基本技術
生活行為別福祉住環境整備の手法
建築図面の読み方と建築関係法規の基礎
福祉用具の意味と適用
生活行為別にみた福祉用具の活用

・1級
福祉住環境整備の必要性と福祉住環境コーディネーター1級の役割
高齢者福祉の条件と高齢者ケア
障害者福祉の条件と障害者ケア
高齢者や障害者向け住宅と要介護者向け施設整備
福祉コミュニティづくり
福祉のまちづくり
建築図面と伝達手段
高齢者や障害者にやさしい新築住宅の基本計画と技術
住環境整備の実践と事例


<業務>
・介護保険制度のもとで、住宅改修に係わる業務
・ケアマネジャーなど他の福祉従事者との連携
・福祉についての知識、策、保険サービスなどの情報提供
・福祉用具、介護用品、家具、資材など住まいに関わる項目の選択と利用法の相談、アドバイス
・バリアフリー住宅への提案
・新築、建て替え、リフォームにおける相談、アドバイス、コーディネート

<職場>
・建築業界
高齢者を中心に、身体機能が低下した状態でも自立した生活が行えるように、住環境の問題を建築の面から整備し提案する。
・福祉、介護業界
・医療、保険業界


<参考>
福祉住環境コーディネーター協会
ホームページ http://www.fjc21.org/

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格