か行

■か行

介護力強化型病院 【 福祉施設関連 】 (読み) かいご・きょうりょくがた・びょういん (意味) 老人専門病院の一種。通常の老人病院よりも看護・介護職員の数が多く、介護サービスが充実している。日常生活自分で行なうことが困難な患者(おもに寝たきり)を扱うため、一床あたりの面積は少なくなっている。

介護専用型特定施設 【 福祉施設関連 】 (読み) かいご・せんもんがた・とくていしせつ (意味) 有料老人などの施設であって、その入居者が要介護者、その配偶者その他厚生労働省令で定める者に限られるもの

介護予防短期入所療養介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいご・よぼう・たんきにゅうしょ・りょうようかいご (意味) 居宅要支援者(その治療の必要の程度につき厚生労働省令で定めるものに限る。)について、介護老人保健施設、介護療養型医療施設その他の厚生労働省令で定める施設に短期間入所させ、その介護予防を目的として、厚生労働省令で定める期間にわたり、当該施設において看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の支援を行うことをいう。

介護予防通所リハビリテーション 【 福祉事業関連 】 (読み) かいご・よぼう・つうしょ・りはびりてーしょん (意味) 居宅要支援者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、介護老人保健施設、病院、診療所その他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、当該施設において、その介護予防を目的として、厚生労働省令で定める期間にわたり行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションをいう。

介護予防訪問リハビリテーション 【 福祉事業関連 】 (読み) かいご・よぼう・ほうもん・りはびりてーしょん (意味) 居宅要支援者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、その者の居宅において、その介護予防を目的として、厚生労働省令で定める期間にわたり行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションをいう。

介護予防訪問看護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいご・よぼう・ほうもんかんご (意味) 居宅要支援者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、その者の居宅において、その介護予防を目的として、看護師その他厚生労働省令で定める者により、厚生労働省令で定める期間にわたり行われる療養上の世話又は必要な診療の補助をいう。

介護療養型医療施設 【 福祉施設関連 】 (読み) かいご・りょうようがた・にゅうよく・かいご (意味) 療養病床等を有する病院又は診療所であって、当該療養病床等に入院する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓練その他必要な医療を行うことを目的とする施設。介護保険の要介護度?T以上の人を対象としており、療養型病床群、老人性痴呆疾患療養病床、介護力強化病院の3種ある。

介護給付  【 福祉用語 】 (読み) かいごきゅうふ (意味) 介護保険において、要介護認定を受けた保険者に対して提供されるサービスのこと。居宅サービスと施設サービスに分けられる。また介護給付とは別に、予防給付の制度もある。公的介護保険の場合、サービスに対しての支払いは直接業者に行われ、利用者はサービスの提供をうける。

介護記録 【 福祉用語 】 (読み) かいごきろく (意味) 介護計画の実施や、介護に対する反応や進行の具合などを記したもの。介護利用者に関する様々な情報を、関係者が共有化するために残される記録。しかし個人情報方法により、プライバシーの問題もある為、本来利用者本人の者であるとされている。

介護支援専門員 【 資格・職業 】 (読み) かいごしえん・せんもんいん (意味) 要介護者又は要支援者からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス又は地域密着型介護予防サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。

介護支援専門員実務研修 【 法律・制度 】 (読み) かいごしえん・せんもんいん・じつむけんしゅう (意味) 介護支援専門員(ケアマネジャー)を取得するために必要な研修のこと。講義と実習がある。

介護認定審査会  【 法律・制度 】 (読み) かいごにんてい・しんさかい (意味) 介護認定の申請者が介護保険の給付を受けるのが適当かどうか、またその範囲を審査・判定する組織。医師、看護師、保健、福祉経験者などの専門家で構成されている。30の判定部会に分かれ、全国共通のコンピューターによる「一次判定結果」と「主治医意見書」や訪問調査による「特記事項」をもとに、申請者の要介護度を公平かつ公正に審査・判定する。

介護福祉施設サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごふくし・しせつ・さーびす (意味) 介護老人福祉施設に入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話をいう。

介護福祉士  【 資格・職業 】 (読み) かいごふくしし (意味) 社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格。専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者。

介護報酬  【 福祉用語 】 (読み) かいごほうしゅう (意味) 介護保険制度を使って、各種サービスを受けることによって発生し、保険事業者からサービス事業者に支払われる報酬のこと。

介護保険 【 法律・制度 】 (読み) かいごほけん (意味) 被保険者が保険料を負担し、介護が必要と認定されたとき、費用の一部(原則10%)を支払って介護サービスを利用する制度。40歳以上の人を対象とした強制保険。

介護保険施設 【 福祉施設関連 】 (読み) かいごほけん・しせつ (意味) 指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設及び指定介護療養型医療施設をいう。

介護保健施設サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごほけん・しせつ・さーびす (意味) 介護老人保健施設に入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話をいう。

介護保険制度 【 法律・制度 】 (読み) かいごほけん・せいど (意味) 国が制定・管理する社会保障のひとつで、疾病、事故、老齢などが原因による介護の分野を定めた保険制度。2000年より介護保険法として設けられ、制度全般の見直しを図りながら、2006年より現行のシステムがスタート。介護予防が重視されるようになった。

介護保険の第1号被保険者 【 状態説明 】 (読み) かいごほけん・だいいちごうひほけんしゃ (意味) 介護保険の被保険者のうち65歳以上の人。介護や支援が必要だと認定されたとき、その要介護状態となった原因に関わらず、介護保険を利用することができる。

介護保険の第2号被保険者  【 状態説明 】 (読み) かいごほけん・だいにごうひほけんしゃ (意味) 介護保険の被保険者のうち、40歳以上65歳未満で、かつ医療保険にも加入している人。特定の疾病が原因で介護や支援が必要と認定されたときのみ、介護保険サービスを利用できる。

介護保険法 【 法律・制度 】 (読み) かいごほけん・ほう (意味) 加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

介護予防 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう (意味) 身体上又は精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について常時介護を要し、又は日常生活を営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止をいう。

介護予防居宅療養管理指導 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・きょたくりょうよう・かんりしどう (意味) 居宅要支援者について、その介護予防を目的として、病院等の医師、歯科医師、薬剤師その他厚生労働省令で定める者により行われる療養上の管理及び指導であって、厚生労働省令で定めるものをいう。

介護予防サービス計画 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・さ0びすけいかく (意味) その心身の状況、その置かれている環境、当該居宅要支援者及びその家族の希望等を勘案し、利用する指定介護予防サービス等の種類及び内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画

介護予防サービス事業 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・さーびすじぎょう (意味) 介護予防サービスを行う事業をいう。

介護予防サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・さーびすじぎょう (意味) 介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与及び特定介護予防福祉用具販売をいう。

介護予防支援 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・しえん (意味) 居宅要支援者が指定介護予防サービス等の適切な利用をすることができるよう、地域包括支援センターの職員のうち厚生労働省令で定める者が、介護予防サービス計画を作成するとともに、当該介護予防サービス計画に基づく指定介護予防サービス等の提供が確保されるよう、指定介護予防サービス事業者、指定地域密着型介護予防サービス事業者その他の者との連絡調整その他の便宜の提供を行うことをいう。

介護予防支援事業 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・しえんじぎょう (意味) 介護予防支援を行う事業をいう。

介護予防小規模多機能型居宅介護 【 福祉施設関連 】 (読み) かいごよぼう・しょうきぼ・たきのうがた・きょたくかいご (意味) 居宅要支援者について、その者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、その者の選択に基づき、その者の居宅において、又は厚生労働省令で定めるサービスの拠点に通わせ、若しくは短期間宿泊させ、当該拠点において、その介護予防を目的として、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うことをいう。

介護予防短期入所生活介護 【 福祉施設関連 】 (読み) かいごよぼう・たんきにゅうしょがた・せいかつかいご (意味) 居宅要支援者について、老人短期入所施設に短期間入所させ、その介護予防を目的として、厚生労働省令で定める期間にわたり、当該施設において入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことをいう。

介護予防通所介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・つうしょ・かいご (意味) 居宅要支援者について、その介護予防を目的として、老人福祉法第五条の二第三項 の厚生労働省令で定める施設又は同法第二十条の二の二 に規定する老人デイサービスセンターに通わせ、当該施設において、厚生労働省令で定める期間にわたり、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うこと(介護予防認知症対応型通所介護に該当するものを除く。)をいう。

介護予防特定施設入居者生活介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・とくていしせつ・にゅうきょしゃ・せいかつかいご (意味) 介護専用型特定施設を除く特定施設に入居している要支援者について、その介護予防を目的として、当該特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話をいう。

介護予防認知症対応型共同生活介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・にんちしょうたいおうがた・きょうどうせいかつかいご (意味) 要支援者であって認知症であるものについて、その共同生活を営むべき住居において、その介護予防を目的として、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことをいう。

介護予防認知症対応型通所介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・にんちしょうたいおうがた・つうしょかいご (意味) 居宅要支援者であって、認知症であるものについて、その介護予防を目的として、老人デイサービスセンターに通わせ、当該施設において、厚生労働省令で定める期間にわたり、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うことをいう。

介護予防訪問介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼう・ほうもん・かいご (意味) 居宅要支援者について、その者の居宅において、その介護予防を目的として、介護福祉士その他政令で定める者により、厚生労働省令で定める期間にわたり行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって、厚生労働省令で定めるものをいう。

介護予防訪問入浴介護 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼうにゅう・よくかいご (意味) 居宅要支援者について、その介護予防を目的として、厚生労働省令で定める場合に、その者の居宅を訪問し、厚生労働省令で定める期間にわたり浴槽を提供して行われる入浴の介護をいう

介護予防福祉用具貸与 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごよぼおう・ふくしようぐ・たいよ (意味) 居宅要支援者について福祉用具のうちその介護予防に資するものとして厚生労働大臣が定めるものの政令で定めるところにより行われる貸与をいう。

介護療養施設サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) かいごりょうよう・しせつ・さーびす (意味) 介護療養型医療施設の療養病床等に入院する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて行われる療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の世話及び機能訓練その他必要な医療をいう。

介護老人福祉施設 【 福祉施設関連 】 (読み) かいごろうじん・ふくししせつ (意味) 特別養護老人ホームあって、当該特別養護老人ホームに入所する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことを目的とする施設

介護老人保健施設 【 福祉施設関連 】 (読み) かいごろうじん・ほけんしせつ (意味) 要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設として、第九十四条第一項の都道府県知事の許可を受けたもの

介助扶助  【 福祉用語 】 (読み) かいじょふよう (意味) 生活保護法による扶助のひとつ。要介護者、要支援者の必要がある人で、困窮のために最低限との生活を維持できない場合に行われる。居宅介護、福祉用具の貸与、住宅改修、施設介護費用、移送などが組まれており、必要とされる人は都道府県知事の指定による機関を利用する。

改正介護保険法 【 法律・制度 】 (読み) かいせい・かいごほけんほう (意味) 平成17年6月22日に成立。併せて老人福祉法の改正も行われた。予防介護を重視された内容となり、利用者負担、サービス体系、サービス品質、制度、保険料などが見直しされた。

ガイドヘルパー 【 資格・職業 】 (読み) がいどへルパー (意味) 障害者移送介護従事者のこと。外出介護員ともいわれ、高齢者や視覚障害者や身体障害者の外出時の移動の介助などの外出時の付き添いを専門に行うホームヘルパー。

外部サービス利用型特定施設入居者生活介護  【 福祉事業関連 】 (読み) がいぶ・さーびす・りようがた・とくていしせつ・にゅうきょしゃ・せいかつかいご (意味) 特定施設入居者生活介護のひとつ。施設のスタッフが行う基本サービスと、外部事業者によるサービスの部分が分かれており、介護サービス計画を施設で行い、実際の介護サービスやリハビリテーションは訪問介護や通所などの外部事業者を使うというスタイル。

仮性認知症 【 医療用語 】 (読み) かせい・にんちしょう (意味) 脳の障害によって起こる認知症とは区別され、うつ状態によって起こる認知に見える様々な症状のこと。比較的短時間で症状が悪化するといわれ、治療によって改善する。

家族性アルツハイマー病 【 医療用語 】 (読み) かぞくせい・あるつはいまーしょう (意味) アルツハイマー型痴呆の種類。FAD。アルツハイマー型老年痴呆に比べると、ごく少数。30歳から60歳ぐらいの若年層で発症し、遺伝的要因が影響している。片方の親がFADの場合、約半分の確率で罹患するといわれる。

患側・健側 【 医療用語 】 (読み) かんそく・おくそく (意味) 脳血管疾患などで、片側だけに麻痺がある場合、疾患のある側を患測、障害を受けていない側を健側という。

緩和医療 【 療法 】 (読み) かんわ・いりょう (意味) 緩和ケアともいわれる。治る見込みのない病状を持つ患者に対し、無理な治癒や延命措置をするのではなく、身体的、精神的な苦痛を取り除くことを考えた医療のこと。

義肢装具士 【 資格・職業 】 (読み) ぎし・そうぐし (意味) 怪我や病気などで手足を失った人や、身体機能に障害のある人に対して、そのかわりの機能をするための義手・義足を製作する職業。また患者の機能回復を目的としたアフターケアも行い、社会復帰の手助けも行う。厚生労働省認定の国家資格。

基準該当サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) きじゅん・がいとう・さーびす (意味) 訪問介護、訪間入浴介護、通所介護、福祉用具貸与サービスにおいて、介護保険の指定事業者としての要件を満たしていない事業者にも、市町村の判断で介護保険の給付対象とすることができる。

機能障害 【 医療用語 】 (読み) きのうしょうがい (意味) 解剖学的な変化を伴わずに生理機能が損なわれている状態。

共同生活介護 【 福祉事業関連 】 (読み) きょうどうせいかつ・かいご (意味) 障害者自立支援法において、障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において入浴、排せつ又は食事の介護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

共同生活援助 【 福祉事業関連 】 (読み) きょうどうせいかつ・かいごえんご (意味) 障害者自立支援法において、地域において共同生活を営むのに支障のない障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において相談その他の日常生活上の援助を行うことをいう。

虚弱高齢者  【 状態説明 】 (読み) きょじゃく・こうれいしゃ (意味) 介護予備軍などともいわれ、寝たきり等の全面的な介護が必要な状態ではないが、心身機能が著しく低下しており、日常生活の一部に介助が必要な高齢者のこと。特に一人暮らしの場合、配食サービスや定期的な安否確認を行うなどのサービスが行われる。

%8

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格