さ行

■さ行

サービス提供責任者 【 資格・職業 】 (読み) さーびすていきょう・せきにんしゃ (意味) 福祉サービスの現場において、利用者の訪問介護計画の作成、利用申し込みの調整、訪問介護員に対する技術指導を行う者。介護保険制度においては、指定訪問介護事業所ごとに、専任の配置が義務付けられている。

在宅医療  【 福祉事業関連 】 (読み) ざいたく・いりょう (意味) 高齢者や障害者などで、疾患があり、定期的な通院が必要な状態であるにも関わらず、在宅のまま治療を行うこと。何らかの事情で定期的な通院が困難な場合などに、医療関係者の方が定期的な訪問を行う。

在宅介護  【 福祉事業関連 】 (読み) ざいたく・かいご (意味) 高齢者や身体障害者などで、日常生活で介護を必要としている人の自宅にサービスを派遣し、介護行う状態。居宅介護とも理由。ホームヘルパーが行う訪問介護やデイサービスなど。短期間のショートステイや、グループホームケアハウスも在宅看護の種類に入る。

在宅介護支援センター  【 福祉施設関連 】 (読み) ざいたく・かいご・しえん・せんたー (意味) 高齢者など介護を必要としている人のために、必要な福祉サービスを用意し、調整、相談や指導を行う機関のこと。

在宅酸素療法  【 療法 】 (読み) ざいたく・さんそ・りょうほう (意味) 在宅ケアのひとつで、呼吸機能が低下して、継続的に酸素補給が必要な人のために行われる。酸素濃縮して連続的に発生させる装置を使う。

在宅福祉 【 福祉事業関連 】 (読み) ざいたく・ふくし (意味) 高齢者や身体障害者など、介助が必要とする対象者に対し、自立した生活を支援する意味でサービスの方を派遣するシステムのこと。入所型福祉施設と、家族が行う家庭介護の中間的なサービスに存在する。

在宅療養支援診療所  【 福祉施設関連 】 (読み) ざいたく・りょうよう・しえん・しんりょうしょ (意味) 在宅で生活する患者から、連絡を受けたときに24時間体制で訪問看護できるように医療体制を整えた診療所のこと。在宅医療を充実させるために設置されている。長期化に及ぶ慢性疾患の療養や、自宅でのターミナルケアなどへの対応策としても期待されている。

作業療法  【 法律・制度 】 (読み) さぎょうりょうほう (意味) 作業使って、社会生に適応できるだけの能力を回復するリハビリテーションのこと。物理的な器具を用いるリハビリに対して、手工芸や木工などといった生産的な作業から、軽スポーツやゲーム、音楽を取り入れた活動まで広範囲な方法を使って行う療法のこと。OT。

作業療法士  【 資格・職業 】 (読み) さぎょうりょうほうし (意味) 作業を療法によって、機能回復をさせる専門資格のこと。医師の指示のもとに行い、心身に障害がある人に対してさまざまな作業を通じて能力回復を図る。国家試験に合格しなければならない。

施設サービス 【 福祉事業関連 】 (読み) しせつ・さーびす (意味) 介護福祉施設サービス、介護保健施設サービス及び介護療養施設サービスをいう。

施設サービス計画 【 福祉事業関連 】 (読み) しせつ・さーびす・けいかく (意味) 介護老人福祉施設、介護老人保健施設又は介護療養型医療施設に入所している要介護者について、これらの施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画をいう。

施設入所支援 【 福祉事業関連 】 (読み) しせつ・にゅうしょ・しえん (意味) 障害者自立支援法において、その施設に入所する障害者につき、主として夜間において、入浴、排せつ又は食事の介護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

肢体不自由者 【 状態説明 】 (読み) したい・ふじゆうしゃ (意味) 先天的、後天的な理由により、身体の機能に永続的な障害を持つ人のこと。運動機能に障害があること。

市町村特別給付  【 福祉事業関連 】 (読み) しちょうそん・とくべつ・きゅうふ (意味) 要介護者や要支援者に対し市町村が独自に行う保険給付のひとつ。介護保険法には、定められていない内容に付いての詳細を、各市町村によって決めている。

失見当識  【 医療用語 】 (読み) しっけんとうしき (意味) 時間(季節や朝、昼、夜の時間帯)、場所、空間、人物の認識、他人と自分との関係性、自分に関する情報などを認識する機能が低下している状態のこと。見当識障害、TPO認識障害ともいう。

失語症  【 医療用語 】 (読み) しつごしょう (意味) 大脳の病変によって、言語領域が傷つき言葉がうまく使えなくなる状態。もともと話せないのではなく、成長の段階でいったん形成された言語機能が壊された状態。理解障害や表出障害が起こる。

指定介護療養型医療施設  【 福祉施設関連 】 (読み) していかいごりょうようがた・いりょうしせつ (意味) 療養型病床群、老人性痴呆疾患療養病棟、特例許可老人病院を指す。

児童福祉法 【 法律・制度 】 (読み) じどうふくしほう (意味) すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。

シニア住宅  【 福祉施設関連 】 (読み) しにあじゅうたく (意味) 高齢者の単身世帯、高齢者同士の夫婦世帯などが安心して住み続けられるように、配慮が施された賃貸住宅のこと。事故防止のための主要設備が整えられていること、安心安全のためのサービスが確保されていること、家賃等の支払い方式が定められていることなど、高齢者の生活ニーズに合わせた居住形態がとられるようになっている。

視能訓練士  【 資格・職業 】 (読み) しのうくんれんし (意味) 視能訓練士法に基づく国家資格をもった医療技術者。ORT。眼科での検査、または斜視、弱視の検査や訓練を行う。

社会保障  【 法律・制度 】 (読み) しゃかい・ほしょう (意味) 国や公的な機関によって、国民個人では負担しきれない生活上の問題に対する経済的な保証を行うこと。労働者や高齢者、母子、孤児などの立場による制度、傷病、老齢、障害、失業などの状態による制度など、国民が健やかで安心して生活できるための最低限の保障を行う。

社会的入院 【 福祉用語 】 (読み) しゃかいてき・にゅういん (意味) 病状が安定して、入院が必要がなくなっているのに、退院後の環境が整っておらず、入院生活を続けている状態のこと。

社会福祉主事  【 資格・職業 】 (読み) しゃかいふくし・しゅじ (意味) 福祉に携わる各種行政機関で保護、援助を必要とする人の為に相談や指導、援助などの業務を行なう職業。社会福祉法で定められた資格で、福士六法に基づく。

社会福祉協議会 【 福祉事業関連 】 (読み) しゃかいふくし・しゅじきょうぎかい (意味) 社会福祉法に基づき、すべての都道府県・市町村に設置されている。地域住民や社会福祉関係者の参加により、地域の福祉推進の中核としての役割を担い、さまざまな活動を行っている非営利の民間組織。福祉サービス利用者や社会福祉関係者の連絡・調整や活動支援、各種制度の改善への取り組みなど、わが国社会福祉の増進に努めている。

社会福祉政策 【 法律・制度 】 (読み) しゃかいふくし・せいさく (意味) 政府による、社会福祉サービスの運営や提供に関するプログラム。

社会福祉制度 【 法律・制度 】 (読み) しゃかいふくし・せいど (意味) 社会福祉に関する制度。

社会福祉士  【 資格・職業 】 (読み) しゃかいふくしし (意味) 社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者。社会福祉士及び介護福祉士法による国家資格。

社会福祉法  【 法律・制度 】 (読み) しゃかいふくしほう (意味) 社会福祉を目的とする事業の全分野における共通的基本事項を定め、社会福祉を目的とする他の法律と相まつて、福祉サービスの利用者の利益の保護及び地域における社会福祉(以下「地域福祉」という。)の推進を図るとともに、社会福祉事業の公明かつ適正な実施の確保及び社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図り、もつて社会福祉の増進に資することを目的とする。

住宅型有料老人ホーム  【 福祉施設関連 】 (読み) じゅうたくがた・ゆうりょう・ろうじんほーむ (意味) 高齢者のための居住施設で、基本的には介護サービスの付いてないものが多い。要介護になった場合は、外部の介護サービス事業所から必要なサービスを提供してもらう。

重度訪問介護 【 福祉事業関連 】 (読み) じゅうど・ほうもんかいご (意味) 障害者自立支援法において、重度の肢体不自由者であって常時介護を要する障害者につき、居宅における入浴、排せつ又は食事の介護その他の厚生労働省令で定める便宜及び外出時における移動中の介護を総合的に供与することをいう。

重度障害者等包括支援 【 福祉事業関連 】 (読み) じゅうどしょうがいしゃ・とう・ほうかつしえん (意味) 障害者自立支援法において、常時介護を要する障害者等であって、その介護の必要の程度が著しく高いものとして厚生労働省令で定めるものにつき、居宅介護その他の厚生労働省令で定める障害福祉サービスを包括的に提供することをいう。

就労移行支援 【 福祉事業関連 】 (読み) しゅうろう・いこう・しえん (意味) 障害者自立支援法において、就労を希望する障害者につき、厚生労働省令で定める期間にわたり、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

就労継続支援 【 福祉事業関連 】 (読み) しゅうろう・けいぞく・しえん (意味) 障害者自立支援法において、通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

手段的日常生活動作 【 福祉用語 】 (読み) しゅだんてきにちじょうどうさ (意味) IADLのこと。ADLを応用して、生活するための動作。8項目に分類される。電話の使い方、買い物、食事の支援、家事、洗濯、移動、外出、服薬の管理、金銭の管理の各動作のこと。

巡回型ホームヘルプサービス  【 福祉事業関連 】 (読み) じゅんかいがた・ほーむへるぷ・さーびす (意味) 常時介護を必要とする高齢者の在宅過程に対して、ホームヘルパーが定期的に巡回し短時間の会場行うサービスのこと。安否確認や、排せつ介助などの15分から20分ぐらいの短時間で済むサービスを提供し、多くの家庭を巡回しながら行う。早朝や深夜も含めて、24時間体制で行う。

障害者移送介護従事者 【 資格・職業 】 (読み) しょうがいしゃ・いそう・かいご・じゅうじしゃ (意味) 身体障害者など、障害を持つ人の外出時の不便を介助する仕事。生活の自立と社会的参加を促進させるために必要。日常の買い物、通院などの生活介助や旅行、コンサートなどの屋外活動のサポートまで行う。ガイドヘルパーのこと。

障害者支援施設 【 福祉施設関連 】 (読み) しょうがいしゃ・しえんしせつ (意味) 障害者につき、施設入所支援を行うとともに、施設入所支援以外の施設障害福祉サービスを行う施設をいう。障害者福祉の増進を図る為に作られた施設で、主に在宅障害者の自立をうながし、社会参加を活発にさせるために支援する場となっている。

小規模多機能型居宅介護 【 福祉事業関連 】 (読み) しょうきぼ・たきのうがた・きょたく・かいご (意味) 居宅要介護者について、その者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、その者の選択に基づき、その者の居宅において、又は厚生労働省令で定めるサービスの拠点に通わせ、若しくは短期間宿泊させ、当該拠点において、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うことをいう。

ショートステイ 【 福祉事業関連 】 (読み) しょーとすてい (意味) 居宅要介護者について、老人短期入所施設に短期間入所させ、当該施設において入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことをいう。

初老期認知症 【 医療用語 】 (読み) しょろうき・にんちしょう (意味) 40〜50代の人に起こる進行性の認知症。アルツハイマー病やピック病が主で能の萎縮や変性が原因とされている。

自立訓練 【 療法 】 (読み) じりつくんれん (意味) 障害者自立支援法において、障害者につき、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、厚生労働省令で定める期間にわたり、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

自立支援医療 【 福祉事業関連 】 (読み) じりつしえん・いりょう (意味) 障害者自立支援法において、障害者等につき、その心身の障害の状態の軽減を図り、自立した日常生活又は社会生活を営むために必要な医療であって政令で定めるものをいう。

シルバー110番 【 福祉施設関連 】 (読み) しるばー・110ばん (意味) 高齢者総合相談センターのこと。高齢者や、介護する家族が抱える様々な問題に付いての悩み事や相談などを受け付け、改善に対する提案などを行う。

シルバー人材センター 【 福祉施設関連 】 (読み) しるばー・じんざい・せんたー (意味) 高齢者雇用のひとつ。高齢者の豊な経験と能力を活かし、就業を通して自らの生きがいの充実や福祉の増進を促進させる。また高齢者が参加し、活力ある地域社会づくりに貢献することを目的としている。

シルバーハウジング 【 福祉施設関連 】 (読み) しるばー・はうじんぐ (意味) 高齢者を対象にした公共賃貸住宅。地域の中で自立して安全な生活を続けられるように生活の支援を考えられている。バリアフリー、緊急時の対応、安否確認などが適切に行われるよう記されている。

シルバーマーク制度 【 法律・制度 】 (読み) しるばーまーく・せいど (意味) 福祉において供されるサービスや物品に付いて、安全性、倫理性、快適性などの視点から、品質の基準を定めて適合する良質なサービスに対して与える制度。

寝食分離  【 福祉用語 】 (読み) しんしょくぶんり (意味) 寝る場所と食事をする場所を分けること。介護の状態において、ベッドの上で食事をとることを日常的に進めると、寝たきりにつながることもあり、運動能力の維持、向上の面からも侵食分離の確保が重要視されている。

身体障害者 【 状態説明 】 (読み) しんたいしょうがいしゃ (意味) 生まれもって先天的に、また事故や病気などの後天的な要因によって、身体に障害を持つ人のこと。身体障害者福祉法による身体障害者の定義は、「視覚障害、聴覚又は平衡機能の障害、音声機能、言語機能又はそしやく機能の障害、肢体不自由、心臓、じん臓若しくは呼吸器又はぼうこう若しくは直腸若しくは小腸若しくはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能の障害」のどれかの障害がある18歳以上の者で、都道府県知事から身体障害者福祉手帳の交付を受けた人とされている。

身体障害者福祉法 【 法律・制度 】 (読み) しんたいしょうがいしゃ・ふくしほう (意味) 障害者自立支援法(平成17年法律第123号)と相まつて、身体障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するため、身体障害者を援助し、及び必要に応じて保護し、もつて身体障害者の福祉の増進を図ることを目的とする。

生活援助 【 福祉事業関連 】 (読み) せいかつ・えんじょ (意味) 高齢者や身体障害者など、日常生活に不自由がある人が、自立した家庭生活を送るために援助すること。ホームヘルパーの仕事。食事の支度、洗濯、家屋の補修、清掃、買い物、雑用など要介護者が必要とされるサービスを行う。

生活支援ハウス 【 福祉施設関連 】 (読み) せいかつ・しえん・はうす (意味) 老人福祉施設のひとつで、60歳以上の一人暮らし、又は夫婦二人暮らしの世帯が、家族などによる援助を受けることが困難で、独立して生活をすることに不安のある場合に、居住する場所、介護支援のためのサービス、交流機能などを総合的に提供する施設のこと。

生活習慣病 【 医療用語 】 (読み) せいかつ・しゅうかんびょう (意味) 食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群のこと。成人病と呼ばれる、生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気。代表的な病気としては、虫歯、歯周病、骨粗鬆症、アルコール性肝疾患、肥満症、痛風(高尿酸血症)、高血圧症、糖尿病、高脂血症、心臓病、脳卒中、がんなど。

生活保護  【 法律・制度 】 (読み) せいかつ・ほご (意味) 日本国民として健康で文化的な最低限度の生活を送るために、最低限必要な生活費や最低水準を保証する国の制度のこと。

生活介護 【 福祉事業関連 】 (読み) せいかつかいご (意味) 常時介護を要する障害者として厚生労働省令で定める者につき、主として昼間において、障害者支援施設その他の厚生労働省令で定める施設において行われる入浴、排せつ又は食事の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

生活保護法 【 法律・制度 】 (読み) せいかつほごほう (意味) 国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

生産年齢人口 【 福祉用語 】 (読み) せいさんねんれい・じんこう (意味) 15歳〜64歳までの人口のこと。

精神障害者 【 状態説明 】 (読み) せいしんしょうがいしゃ (意味) 生まれもって先天的に、また事故や病気などの後天的な要因によって、精神に障害を持つ人のこと。精神保健及ぴ精神障害者福祉に関する。法律法で、その定義を「統合失調症(精神分裂病)、中毒性精神病、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有するもの」とされている。

政府管掌健康保険  【 法律・制度 】 (読み) せいふ・かんしょう・けんこうほけん (意味) 社会で働く人が加入している健康保険の内、政府(社会保険庁)が運営しているもの。政管健保と略される。

世界保健機関 【 福祉用語 】 (読み) せかいほけんきかん (意味) 世界保健機関。WHO。健康基本的人権のひとつとしてとらえ、その達成を目的としている。WHO憲章前文より「この憲章の当事国は、国際連合憲章に従い、次の諸原則がすべての人民の幸福と円満な関係と安全の基礎であることを宣言する。健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。到達しうる最高基準の健康を享有することは、人種、宗教、政治的信念又は経済的もしくは社会条件の差別なしに万人の有する基本的権利の一つである。すべての人民の健康は、平和と安全を達成する基礎であり、個人と国家の完全な協力に依存する。ある国が健康の増進と保護を達成することは、すべての国に対して価値を有する。健康の増進と疾病特に伝染病の抑制が諸国間において不均等に達成することは、共通の危険である。児童の健全な発育は、基本的重要性を有し、変化する全般的環境の中で調和して生活する能力は、このような発育に欠くことができないものである。医学的及び心理学的知識並びに、これに関係のある知識の恩恵をすべての人民に及ぼすことは、健康の完全な達成のために欠くことができないものである。公衆が精通した意見を持ち且つ積極的に協力することは、人民の健康を向上する上に最も重要である。各国政府は、自国民の健康に関して責任を有し、この責任は、充分な保健的及び社会的措置を執ることによってのみ果すことができる。 これらの原則を受諾して、且つ、すべての人民の健康を増進し及び保護するため相互に及び他の諸国と協力する目的で、締約国は、この憲章に同意し、且つ、ここに国際連合憲章第57条の条項の範囲内の専門機関として世界保健機関を設立する。」

セラピスト 【 資格・職業 】 (読み) せらぴすと (意味) 治療士。療法士。

前期老年人口 【 福祉用語 】 (読み) ぜんき・ろうねんじんこう (意味) 国勢調査で使われる老人人口の区分のこと。平均余命が伸びたことや、社会保障の開始連携を考慮して65歳以上の老年人口を2分割し、65歳から74歳を前期老年人口、75歳以上を後期老年人口と定めている。

相互扶助 【 福祉用語 】 (読み) そうご・ふじょ (意味) 互いに自立した個人が連携しあって助け合うこと。地域社会などで、同じような悩みや問題を抱える者同士が、協力し合って援助を行うこと。

相談支援 【 福祉事業関連 】 (読み) そうだんしえん (意味) 障害者自立支援法において、次に掲げる便宜の供与のすべてを行うことをいい、「相談支援事業」とは、相談支援を行う事業をいう。

ソーシャルワーク 【 福祉事業関連 】 (読み) そーしゃる・わーく (意味) 社会福祉において、専門的な技術の総称。ソーシャルワーカーの仕事のこと。

ソーシャルワーカー 【 資格・職業 】 (読み) そーしゃるわーかー (意味) 社会福祉事業に従事する人のこと。福祉に関する様々な問題を解決し、利用者や利用者の家族などの相談に乗ったりする

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格