ま行

■ま行

まだら認知症 【 医療用語 】 (読み) まだら・にんちしょう (意味) 脳機能が部分的に障害されるために起こる認知症で、正常な部分と地方の部分が混在する状態。記憶力障害が進んでいるのに、判断力や理解力は保たれているなど、知能の分野によってムラがある。

慢性疾患 【 医療用語 】 (読み) まんせいしっかん (意味) 慢性の経過をたどる病気。自覚症状が乏しく、放置しておくと合併症を引き起こす危険性のあるもの。生活習慣病など、長期間の治療が必要な病気のこと。高齢化にしたがって、慢性疾患にかかる割合も増える。

マンパワー 【 福祉用語 】 (読み) まんぱわー (意味) 人の力のこと。人材にかかわる、社会資源のこと。

民間介護保険  【 法律・制度 】 (読み) みんかん・かいごほけん (意味) 介護が長期化した場合の補償や家族の介護の補償機能を備え、民間の保険会社が提供するサービス。公的介護保険は、介護サービスそのものが給付される現物給付で、対して、民間介護保険では現金給付(介護年金や介護一時金として給付する)が一般的です。保険会社によっては、介護サービスの手配や相談などの窓口を設けている会社もある。

民生委員 【 資格・職業 】 (読み) みんせい・いいん (意味) 社会奉仕の精神を持って、常に住民の立場になって相談に応じ、及び必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めることを任務として、市町村の区域に配置されている民間の奉仕者のこと。民生委員法に基づき、児童委員も兼ねている。

モニタリング 【 福祉用語 】 (読み) もにたりんぐ (意味) 状態の変化が起きないように、または見逃さないように観測を続けたり監視したりすること。

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格