児童福祉法

■児童福祉法

(目的)第1条
1・すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
2・すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

第2条
国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。

第3条
1・前2条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。
2・すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格