医療・福祉現場の人手不足解消案

"小学生などから介護などの勉強を必須課目にしてお年寄りと触れ合う機会を作ってみることを提案します。
家で家族と住んでいたりしても役に立つことがあると思いますし将来自分の配偶者などのお世話をすることになっても役立ちます。
小さいころからの知識などを入れておくだけでもその道に進む人は増えるのではないかと思います。
その他の案としては、医療と福祉などにかかわる人の特典のようなものをつけても良いのではないかと思います。
何年以上勤めあげると年金が増えるなどのような措置をとったり家族手当をつけたり医療と福祉の分野で働いている人などの子育て支援も特別にしてあげても良いのではないかと思います。
少ない給料で大変な仕事をするのは二つの分野に共通していると思います。
しかしお金だけでやれる仕事でもないと思います。
心のこもった気持ちなどもないとできる分野ではないといえます。

福祉や医療関係者の学校の特別支援などを国が補助して学生たちを増やして就職につけるようにすると良いとも思います。

医療と福祉の働く人を細かく分けて働きやすい環境にしてあげてもよいのではないかと思います。
夜専門の人や昼専門、朝専門などと時間帯を細かく分けて人数を多く雇うのも1つの案であげます。

全部を含めて働きやすい環境にしてあげることが大切だと思います。"

その他の管理サイト一覧

介護保険事務

金融

新しい記事▲

福祉用具専門相談員

新しい記事▲

心理・カウンセラー

介護予防運動指導員

新しい記事▲

ホームヘルパー

新しい記事▲

福祉住環境コーディネーター

介護福祉士

新しい記事▲

ケアマネージャー

新しい記事▲

福祉関連 用語集

福祉関連法律

運営者情報・リンク集

新しい記事▲

みんなの介護

職場の関係

いろんな資格